【府中牝馬ステークス】有力馬情報


【秋華賞の前にも楽しみなメンバーが揃った府中牝馬ステークス】

①ディアドラ
7月にクイーンSを圧勝。
どのレースでもほとんど終いの脚は確実に使うだけに、東京がマイナスになるわけがない。
ただ、個人的なイメージとしては、33秒後半から34秒台の力を勝負になったら強い!というイメージだけに、スローの上がり勝負となったら、意外にキレ負けする可能性があるのではないか?とも思っている。

②ジュールポレール
前走G1ヴィクトリアマイルを勝利したG1馬。
元々重賞好走歴はあるが、今回は56kgを背負わされるので、他の有力馬の比べて少し厳しい条件と考える。
また、元々叩き良化タイプなだけに、今回は人気次第では買わない選択肢も出来る。

③リスグラシュー
こちらも必ず重賞で上位を賑わせる馬。
3歳時にはこの馬から馬券を何度も取らせていただいた。
今回は得意の東京。
モレイラ騎手が乗れなくなったが、デムーロ騎手なら、むしろ楽しみだ。
鉄砲仕上げの天才、矢作厩舎に乗っかることも考える必要がある。

④ミスパンテール
去年の暮れから重賞を3連勝して馬。
力をメキメキとつけているが、今回は1800mがカギになるだろう。
イメージは1400-1600mなだけに、距離対応が出来れば、ここも上位争いだ。

⑤ソウルスターリング
前走でも復活の兆しが見られたが、藤沢調教師も、今回は巻き返しを期待している様子。
サトノダイヤモンドも復活の勝利を挙げましたが、この化け物娘は如何に?!人気落ちしたら、一発狙いも美味しいかも?!

その他にも、実績馬のアドマイヤリードや、
クロコスミア、距離巧者のカワキタエンカと、面白いメンバーで、目が離せません!!

こんなメンバーの中、現段階で信頼を寄せる◎本命は?!

メルマガでも配信✨
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
購入する!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *